黒にんにくで作る簡単な料理

柴咲コウさんに便乗して、黒にんにくでキムチを漬けてみました

1.柴咲コウさんがキムチを作ると聞いて



 日頃ご愛顧ありがとうございます。パワフルペーストドットコムです。


 自粛自粛で嫌になりますね。ストレスは免疫力を下げるコロナ対策の天敵です。出かけられない時は、何か楽しい事をしましょう。




と言う訳で、今回は柴咲コウさんの動画に便乗して、黒にんにくでキムチを漬けてみました。






  使用している黒にんにくは、勿論当店自慢の「パワフルペースト」です。
 興味を持っていただけましたら、商品ページへどうぞ!




 最近の市販キムチに「何か違うぞ?」って思われてる方、いませんか?




 私もその一人です。




 高校時代、韓国でお手製キムチを食べる機会があり、当時は「美味しいな」で終わったのですが、20年以上過ぎて急にあの味の記憶が蘇ってきました。




 食べたいな、と思っても、市販のは何か違うんです。




 これはこれで美味しいんですが、酸味も無いし、あまりキムチ特有の旨味も感じない。保存食なのに妙に賞味期限が短いものもある。

 調べてみたら、キムチの旨味は魚介系の出汁によるものだそうです。

 具体的には、塩辛にしたエビ等を一緒に漬ける事で、あの独特の旨味と酸味が出るようなのです。




 ところが、大量生産すると塩辛の管理が大変で、化学調味料で済ませちゃうメーカーさんが大半だとか。




 キムチは言わずと知れた韓国製ですが、韓国はすでにキムチを中国から輸入して賄っているそうで、せっかく長い年月をかけて品種改良した韓国製唐辛子も、粗悪品を売りつけ業者が横行しているとか。

 このままだと魚介の出汁を使ったキムチの味を知らない韓国の子供が多数派になりかねません。




 以前父から、韓国の人に「日本のキムチはキムチじゃない」と言われ、本場のキムチを味わって納得したと言う話を聞きましたが、その韓国がそんな状態の様で。

 悲しい話ですが、文化は意識して維持しないといつの間にか無くなっている側面もあります。

 我々日本人も気を付けないといけません。




 さて、日本で出回っているキムチも、おそらくちゃんと作られているものもまだあるのでしょうが、コロナショックによる外出自粛で探しに行くのもちょっとなあ……。

 と言う事で、自作を試みる事にしました。

 黒にんにくのパワフルペーストも入れて、美味しくて栄養満点なキムチを作ってみよう!






2.材料


A.野菜

・白菜:1個

・大根:1/3

・ネギ:1/2本


B.タレ

・パワフルペースト:4袋

・だし汁:200ml

・唐辛子:分量は後述

・玉ねぎ:1個

・リンゴ:1/2個

・イカの塩辛:大さじ1

・明太子:4本

・(上新粉):大さじ2

・にんにく:1個

・しょうが:1個

・ナンプラー:大さじ6




 今回の材料は、スーパでそれっぽいものを適当に籠に放り込んだだけです。




 本来はアミエビの塩辛を使用しますが、イカと明太子で代用です。




 食材の多くは、冷蔵庫で眠っていた物を流用してます。かなりいい加減ですが、アレコレ見て回ったところ、必要なのはちゃんと魚介出汁を使用して、丁寧に処理すれば良いので、「これを使わないと絶対ダメ」はあんまり無いようです。


 家庭料理ですし、アレンジは無限です。キムチに枠など無いのだ!


 ハチミツを入れると味がマイルドになるようですが、当記事は健康食品の宣伝企画なので、糖質を気にして今回は止めておきました。

 今回は、普通のにんにくも入れました。黒にんにくは栄養豊富ですが、匂いの元であるアリシンは黒にんにくに熟成させると栄養素に変わってしまうので、にんにくの香りを楽しみたいなら白いにんにくも必要なのです。






3.手順


白菜を天日干しにする

2~3時間で良い様です。やらないレシピも多いですが、食感が増して旨味がでるそうなので、今回はやってみました。






白菜に塩を練り込む

1枚1枚丁寧に塗り込みましょう。先の方は放っておいても漬け汁で漬かりますので、特に根本は念入りに。






ビニール袋に入れ、漬けておく


 今回は4時間ほど漬け込みましたが、十分柔らかくなりました。記事によっては7時間程度必要とあります。






④キムチのりを作る

 今回は上新粉やもち米粉が見当たらず省略しました。

 試しに小麦粉でやってみたら、玉になってだめでした。そりゃそうですね()

 作り方は下記を参考にどうぞ。

http://kankoku-ryouri.jp/hakusai-umai/






キムチソック(タレ)を作る

 大根とねぎを細切りにします。

 玉ねぎ、にんにく、しょうがをミキサーにかけ、混ぜ合わせます。今回はミキサーが使えなかったので手ですり下ろしました。



 だし汁にミキサーでペーストにした野菜と、パワフルペースト、ナンプラー、イカの塩辛と明太子を投入。よく混ぜ合わせます。



 ナンプラーは魚を熟成させたタイの調味料です。これも魚介系エキスとして使用します。

 いっそのこと、「日本人なら秋田の伝統調味料しょっつるを!」とも思いましたが、高いので断念。いつかやってみたいですが。

 だし汁は普通のカツオ出汁で問題ありませんが、手間をかけて昆布も使うとより良い様です。






注意! 唐辛子の量には気を付けて

 さて、ここで唐辛子を投入するのですが、注意が必要です。



 柴咲さんの動画では、唐辛子をドバドバ入れてましたが、初めてキムチを作る方は、ちゃんと味見しながら控えめに入れましょう。



 ネット上のレシピ等でも、多めに入れる例が多いのですが、ここに落とし穴があります。



 唐辛子は、品種によって辛みが違う為、レシピを鵜呑みにして一律に入れると痛い目に遭います(主に舌が)

 柴咲さんが使用されているのは韓国の品種ですが、韓国唐辛子はキムチに使用する為なのか、控えめな辛さで品種改良されています。



 少量でピリリと辛い日本製の鷹の爪を同じ感覚で入れようものなら、口から火を噴きます。漫画みたいに。



 私はスーパーで適当な粉唐辛子が見つからず、止む無く調味料の一味を使用しましたが、あまりの辛さに食べる前に洗うはめに。



 せっかく魚介出汁がしみ込んだスープを洗い流してから食べると言う、勿体ないお化けに怒られる無駄をする事になりました。



 柴咲さんの様に真っ赤なキムチを楽しみたい方は、韓国の品種を使いましょう。それでも投入は慎重にした方が良いと思います。

 「韓国製の唐辛子は粗悪品が怖い」と言う方は、日本の農家でも韓国の品種が栽培されていて、通販可能ですので、調べてみてください。






キムチソックを、白菜に塗り込む

ゴム手袋を使って、丁寧に塗り込みましょう。こちらも葉先より、根本中心で。

手に傷がある方や、肌が弱い方は十分気を付けて。私はアトピー持ちなので、うっかり素手で触って小さな悲鳴を上げました






ビニールに入れて、冷蔵庫で更に漬け込む

私は丸1日漬け込みましたが、直ぐ食べても美味しいようです。

2週間を境に、酸味が出始めます。これも美味しいのですが、すっぱいのが苦手な方は少量だけ作って早めに食べきりましょう。






3.評価

味:☆☆☆☆☆☆

費用(3kg):1400円程度?

簡単さ:☆(誰にでもできますが、手間はかかります)

栄養価:不明



 これだ! これが私があの時食べたキムチの味だ!




 と、何処かの料理漫画の様な事を口走ってしまいましたが、魚介系の食材を追加するだけで別物です。




 めっちゃご飯がすすみます。




 大量に作ったので、キムチチャーハン、豚キムチ、キムチとモツの炒め物、チゲ鍋など、色々試しましたが、どれも食べ始めたら会話が止まる味でした。




 かかった予算ですが、今回は前述の通り冷蔵庫の余りものを流用したり、塩辛など余った食材は別に食べたりしましたので、正確には出ませんが、1400円は超えていないと思います。




 一見高いですが、市販のキムチは内容量は200~500gで、安い物でも200円程度はしますので、グラム単価は約0.46円。市販の半額程度とかなりお安いです。




 当然漬ける量を減らせばコストは上がりますが、キムチは保存食で、様々な料理に使えます。




我が家は5人家族ですが、3kg漬けても「あれ、もうなくなっちゃった」と言う感覚でした。




 栄養価は、自作なので明言は避けますが、食物繊維やビタミンが豊富な様です。近年、発酵食品の効果も注目されていますね。




 惜しむらくは、唐辛子の分量です。




 次作る時は、ちゃんと唐辛子の銘柄にも拘りたいです。




 あと、柴咲さんの動画では、昆布を入れていました。食感も良さそうですし、良い出汁もそうなので、これも試してみようかと。




 キムチのアレンジは様々で、実に奥深いです。




 しかも、色んな料理に使える、食材としても優秀。

 何より、手間さえかければ技術が要らないのが良いですね。




 ぜひ、皆さんも出かけられない日々の食事や、オンライン飲み会のお供にキムチに挑戦しては如何でしょうか?

コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ