黒にんにくで作る簡単な料理

黒にんにくで作る簡単な料理 第3回「エビマヨ」

 第3回は、予告通りにんにくを強調したメニューに挑戦します。


 今回はブロッコリーたっぷりのエビマヨです。


 何故エビマヨか、それには深い事情と深謀遠慮があります。
 具体的には、私が食べたかったからですが。メニューの最終決定権は料理担当が持つ最大の権力なのです。





1.材料(2~3人分)

■メインの食材
・えび:200g(冷凍でも可)
・ブロッコリー:1株

■ ブロッコリー下茹で
・塩気持ち多め

■ エビ下味用
・酒大さじ1
・にんにく(チューブ)5cmくらい
・しょうが(チューブ)3cmくらい
・片栗粉大さじ2
パワフルペースト2包

■ 炒める時
・ごま油多めに

■ マヨソース
・マヨネーズ大さじ5
・牛乳大さじ2
・砂糖小さじ2
・レモン汁小さじ1
・すりごま(あれば)少々

※今回参考にしたレシピ
https://cookpad.com/recipe/5804699 





2.手順

①ブロッコリーを一口サイズに切り分け、塩ゆでします。


②下味用の調味料を混ぜ合わせ、パワフルペーストを投入。
③背わたを取り除いたえびを、下味とからめて片栗粉をまぶし、中火で揚げ焼きにします。


④エビがカリッとしたら、ブロッコリーを加えて、強火で炒めます。


⑤中火にしてから、マヨソースを絡める。





3.評価

費用(5人分):1人当たり約300円程度(ざっくりです)
味:☆☆☆☆☆
簡単さ:☆
栄養価:☆☆☆


 盛り付けた印象は、今回も良さげな感じです。とても美味しそう。(ごめんなさい。早く食べたくて急いで撮ったので若干ピンボケしました)


 いただきまーす!


 うぐっ!
 ブロッコリーが固い



 えびは奮発しただけあってこんなに香ばしくて美味しいのに……。
 どうやらブロッコリーの茹で具合が甘かった様です。後で強火で炒めるので、固めに茹でたのが災いしました。料理経験の浅さが出ましたね。
 ブロッコリーの青臭さが好きな方はこれでも行けると思いますが、私は口の中で崩れるくらいが好きなので、これはしょんぼりです。
 エビはカラッと揚がっていて、塩加減も良く、上手くいきました。


 注意点として、にんにくの香りを楽しみたいなら、今回のレシピの様に白いにんにくを別途追加すべきです。
 香りの素であるアリシンは、黒にんにくにすると、臭みの無いS-アリルシステインに変質してしまう為(それが体に良い訳ですが)、あの独特の香りが失われます。
 代わりに味がまろやかになりますが、黒にんにくとにんにくは別の食材と考えた方が良さそうです。代替品ではなく、使い分けたり、併用したりしましょう
 今日は来客をもてなすので、香りのマイルドな黒にんにくだけにしておこう、みたいな感じですね。


 コスト面ですがエビは価格が変動するため、参考程度でお願いします。
 実際作ったのはレシピより多い量(5人前)だったので、コストが抑えられましたが、レシピ通りに作るともっと割高になるでしょう。
 それでもえびを奮発したせいで、前回のたこめしよりも高コストになってしまいました。
 ただ、今回は解凍する時間が無くて通常のボイルえびを使用しましたが、冷凍ならある程度のコスト減が可能と思います。


 栄養価も、高たんぱく低カロリーなエビと、ビタミンCが含まれるブロッコリーで、ヘルシーそうですね。一見すると。
 でも、調べてみてびっくり、マヨネーズが高カロリーで高糖質なので、これをお腹いっおぱい食べちゃった日は、間食かごはんのお替りを控えた方が良さそうです。油もいっぱい使いますし。
 マヨネーズは製品によって栄養価が全く異なるので表記は避けますが、カロリーや低糖を抑えた製品もありますので、活用するのも良いと思います。
 期待していた食物繊維ですが、1人前で0・9g~1.47g程度と意外に少なく、1食当たりの摂取量を満たしていません(厚生労働省発表の必要な摂取量はこちら:https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/eiyouso/shokumotsu-seni.html )。
 ブロッコリーは食物繊維が豊富な野菜なんですが、かさが大きいのでいっぱい食べないと必要量補給できないのです。
 ただ、ビタミン(C及びE)とカルシウムは豊富ですので、骨を作ったり風邪予防には良いです。
 次やる時は、ほうれん草とかしそとか切り干し大根とか、かさが少なくて食物繊維豊富な副菜を添える事にします。


 簡単さは、前述のとおりブロッコリーの茹で具合がネックです。好みの問題があるので、これと言った回答は無く、試行錯誤しかないですね。
 無理にブロッコリーにこだわらず、食物繊維は別の副菜でとった方がハードル低いかも知れません。身も蓋も無いですが。


 結論として、今回も定番の家庭料理と言うより、ごちそう仕様になってしまいました。味はめっちゃ美味しいのですが、そのせいでご飯が進みすぎていけないです。


 次回は、一風変わったマイナーな伝統料理を予定しています!

コメントする

名前

URL

コメント

10,800円以上お買い上げで送料無料

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ご注文の受付、メールによるお問い合わせは、24時間受け付けておりますが、営業時間外のご注文・お問い合わせへのご対応は翌営業日からとなります。あらかじめご了承くださいますよう、お願い申し上げます。営業時間(10:00~15:00)

QR

ページトップへ