新型コロナウイルス予防情報

初心者でも簡単! タオルハンカチを利用した自作マスクの作り方

 皆様、外出自粛でストレスの溜まる日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?



 相変わらずマスク不足が続いていますが、マスク購入のための外出はかえって危ないので控えましょう。



 政府のコロナ対策で各世帯2枚のマスクが配られています。再利用可能な布マスクです。これを活用する事によって、マスクの生産を医療用マスクに切り替えることが可能です。



布マスクが各世帯に行き渡ったことで、売り渋っていた業者や転売者が在庫を吐き出していると言う情報もあります。裏付けの取れた情報ではありませんが、「マスク 値崩れ」で検索すると、写真付きの情報がいっぱい出てきます。






 今感染リスクを冒してマスクを探し回るより、布マスクや自作マスクで凌ぎましょう。その方が安全です

 と言うわけで、早速自作マスクを作ってみました。


自作マスク


 今回はタオルハンカチを使用しています。100円ショップで購入可能な一般的な物です。

 本来はガーゼ布が最適なのですが、こちらも品薄なので、タオルで代用しました。



 ただし、ご高齢の方や喘息等の持病がある方が使用すると少々息苦しい可能性があります。そう言った方は優先的に政府配布の布マスクを使用しましょう。



ちなみに、私は中学以来裁縫をやっていない無精者ですが、それでも自作マスクは簡単に作る事が出来ます



 今回作ったマスクは、中にフィルター代わりにキッチンペーパーが入る様になっています。



 キッチンペーパーは放置すると菌の温床になるので、1度使用したら必ず取り換えましょう(勿論マスク本体も洗いましょう)



●材料


・一辺20~25cmサイズのタオルハンカチ(無ければタオルを切り取る)

・ゴム紐(マスク専用のゴムでなくても、手芸用のゴム紐などで代用できます)

・針と糸

・安全ピン

針と糸、安全ピンはコンビニで売っているソーイングセットに全て入っています(500円~800円程度)



フィット感は十分にあるので、ワイヤー(鼻に当てる部分)は使用していません。使いたい方は改造してみて下さい。






●手順


1.マスクを水につける

 マスクで使用している布は洗うと縮むので、そのままマスクにしてしまうと洗った時歪む可能性があります。

その為「水通し」と言う作業を行い、縫う前に縮めてしまいます。

 洗面器に水をはってタオルを浸し、30分放置します。

 あとは乾かすだけ。




2.マスクに折り目をつける。

まず、マスクを半分に折りたたみます。

タオルを半分に折りたたみます


 続いて、両端を折りたたみ、ゴムを通す穴を作ります。

 マスクの横幅はここで決まります。最低2cm程度は欲しいですが、顔に当ててみて大きすぎる場合は、ここで調節して下さい。

 曲げた部分は、安全ピンやマチ針で固定しましょう。







2.アイロンで折り目を付ける。

 やった方がきれいになり、作業もやりやすくなりますが、アイロンが無かったり、使えれば見た目は気にしない方は省略可です。






3.両端を縫う。

 ゴムを通す穴を縫います。二つ折りにした部分はキッチンペーパーを挟むので、縫う必要はありません。

 針と糸の使い方は、下記サイトに写真付きで詳しく載っています。


https://book.nunocoto-fabric.com/2181


 また、YouTube等で、解説動画等の公開されています。



例えば、こちら等。


https://book.nunocoto-fabric.com/2181


 縫い方ですが、外れやすくなるので一番簡単な波縫いは避けましょう。多少面倒でも、丈夫な半返し縫いか、本返し縫いを使用してください(やり方は上記のリンクを参照ください)。


両端を縫います


 縫い目の両端は、特に外れやすいので、繰り返し縫い付けて強度を強くしましょう



 失敗! 不格好になってしまいましたが、見た目はこれでも縫い方に手を抜かなければちゃんと実用に耐えます



 ここで面倒なのが玉どめです。

 タオルの記事は凹凸があるので、どうにもやりにくく、縫い目にピタリととめるのが大変です。

 もし失敗したら、糸を一度切って固結びで結んでしまいましょう。ちょっと細かい作業ですが、これだと糸が余らずにきれいにとめる事ができます。必ず2回以上結びましょう。

 私はこれを強行しましたが、何度洗濯してもマスクはほつれていません。

 何回か失敗して慣れれば、玉とめも簡単にできるようになります。



4.ゴムを通す


 ゴムを切ります。


ゴムを切ります


 ゴムの長さは参考ページによると、

・大人用27cm

・子供用24cm

を目途にすると良いようです。



参考ページ

https://handmadetoshokan.com/%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9_%E7%84%A1%E6%96%99%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94/



 ゴムをマスクに通す為に、片側を安全ピンで留めて下さい。ゴムを通す専用の器具があればそちらを使用してください。


ゴムをピンで留めます


 安全ピンを先にして、マスクの穴に押し込みます。


穴にゴムを通します


 反対側からゴムが出たら、安全ピンを外して結び目を作ります。

 耳にかけてみて、サイズを調節してください。



 結び目が気になるなら、ゴムをずらしてマスクの穴の中に押し込んでしまいましょう。




4.キッチンペーパーを挟む

 キッチンペーパーを適当な大きさに切り、マスクのポケットに入れます。

 あまり大きく切りすぎると、息を吸って膨らんだキッチンペーパーがはみ出しますので、気持ち小さめが良いでしょう。


キッチンペーパーを切ります


 キッチンペーパーが無い方は、ティッシュで代用してください。ゴムの切れたマスクのフィルター部分を流用しても良いでしょう。



 完成です。

 付け心地はかなり快適で、市販のマスクよりフィットするくらいですが、布地が厚いため、多少強く息をする必要があります。気にならない人は気にならないかもですが

 私も特に気にせず愛用してます。


 あまり思い詰めて「マスクが無いと!」とストレスを溜めるより、ちょっと息抜きのつもりで、お裁縫に挑戦してみては如何でしょうか?

新型コロナウイルス個人向け支援制度まとめ(20.4.21)

 武漢発の新型コロナウイルスが長期化しております。


 各自治体や企業が様々な支援制度を打ち出しております。

 困りごとがある方は、まず情報を検索してみましょう。医療現場や公的機関はコロナ対策で疲弊しています。

 まず調べてみて、分からなければ電話やメールをするのも立派なコロナ対策になります。


1.定額給付金
・対象者:住民基本台帳に記載がある者
・支援額:1人あたり10万円
・申請開始:未定
・申請方法:申込書が市町村から郵送されます。オンラインでも受け付けを行う予定です。
・注意点:
 役所などでの受付はやむを得ない事情以外では受け付けない様です。感染拡大に繋がりますので、直接役所へ行くのは控えましょう。
 4/21現在、この制度はまだ運用が始まっていません。役所の人間を名乗って個人宅に連絡してきたら、詐欺の可能性が高いです。役所から急な電話を受けたら、総務省か警察の窓口で確認を取りましょう。
・詳細ページ(総務省)


2.子育て世帯への臨時特別給付金
・対象者:子育て世帯
・子供1人あたり1万円
・その他詳細未定
・詳細ページ(内閣官房)


3.小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)
・対象者:子どもの世話を行うために、契約した仕事
ができなくなった個人で仕事をする保護者
・金額:1日あたり4100円
・申請期間:6月30日まで
・その他:
 申請にはいくつか条件がありますので、必ず下記冊子を確認の上、記載された連絡先に問い合わせましょう。
・パンフレット(厚生労働省)



4.個人向け緊急小口資金等の特例
・対象者:生活の立て直しが必要な方(主に失業された方)
・月額最大20万円(貸付)
・受付期間:受付中
・詳細ページ(厚生労働省)


5.個人向け緊急小口資金等の特例
・対象者:一時的な資金が必要な方(主に休業された方)
・月額最大20万円(貸付)
・受付期間:受付中
・詳細ページ(厚生労働省)


6.傷病手当金
・対象者:健康保険等の被用者保険の被保険者で、業務災害以外の理由により新型コロナウイルス感染症に感染し、療養のため労務に服することができない方
※ 国民健康保険にはこの制度はありません
・詳細は加入している健康保険の広報ページを参照下さい。


7.その他(カッコ内は行っている団体)
・電気・ガスの支払期限延長(経済産業省)
・水道料金の支払期限延長(水道局)
・家賃の支給(各自治体)
・ネットカフェや漫画喫茶で生活されている方の支援(東京都)
・携帯料金等の支払い期限延長(各通信会社)
・授業料の減免・奨学金・その他補助制度(文部科学省)
・保険料の納付猶予(厚生労働省)
・NHK受信料の支払い猶予(NHK)


 このリストはネット上で見つかる主だったものをまとめたものです。他にも様々な支援制度があると思われますので、調べてみましょう。

こちらのページに支援制度の紹介が纏めてあります。

新型コロナウイルス支援情報まとめ

民間支援情報ナビ


また、首相官邸や各省庁のホームページも逐一チェックしましょう。

首相官邸ホームページ

厚生労働省ホームページ

文部科学省ホームページ

経済産業省ホームページ

新型コロナウイルス流行の現状と対策方法(20.4.18)

4月17日の発表によると、国内感染者は9654名、うち死亡者は154名となります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10910.html


基本的な対策は、下記記事と変わりありません。


政府から外出自粛要請が出されております。
不要不急の外出は避けましょう。マスクを買う為に外出するより、外出しない事の方が有効です。

3密(密閉した空間、人が密集している場所、人と密接する場所)を避け、それ以外の場所でも頻繁に換気をしましょう。


厚生労働省が対策をまとめたチラシが下記でダウンロードできます。


万一体調不良を感じたら、政府の相談窓口や最寄りの保健所に電話しましょう。事前連絡なしに通院すると、感染が拡大する可能性があります

全国の相談窓口は首相官邸のホームページで閲覧できます。

新型コロナウイルス流行の現状と対策方法(20.3.12)

現状(20.3.11現在)


陽性者数:567

うち死者数:12


厚生労働省の公式ページから引用

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10130.html





対策


1.基本は風邪対策と変わりません


 新型コロナウイルスと詳細と、確実な対策方法は分かっていません。

 その為、常識的な対策方法で対応するしかありません。普段風邪やインフルエンザ対策に行っている事を徹底しましょう

 まずはうがいと手洗い。そして食事や睡眠に気を付けて、体力や免疫力を落とさない努力が必要です。免疫力があれば、感染しても発症せずに済む可能性があります。



 うがいは、京都大学の実験で、うがい薬で消毒すると、水でうがいしたよりも予防効果が落ちるが分かっています。



 なぜそうなるかは不明ですが、うがい薬の消毒効果が、体に有益な菌まで殺してしまうからだと言われています。うがいは水で行いましょう



 湿度が低いと、喉の粘膜が弱くなり、体の防衛機能が低下します。

 加湿器や、水を含ませた綺麗なタオルを部屋に吊るし、湿度を上げましょう

 喉を乾燥させない為に、こまめに水分をとるのも有効です



参考記事

https://www.kusurinomadoguchi.com/column/mouthwash-effect-19836/






2.人混みや密閉した空間は避ける


 ウイルスの感染は、手についたウイルスが口などから体に入る接触感染の他にも、咳やくしゃみで飛び散る滴などから感染する飛沫感染と、空気中に漂うウイルスから感染する空気感染がありますが、どちらも密閉して空気の流れが無い環境が危ないと言われています。

 また、人と近づくとそれだけ飛沫感染の可能性が増しますので、必要のない外出は避け、家にいる時もこまめに換気をしましょう


詳細は首相官邸のホームページで公開されています

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601720.pdf






3.マスクを絶対視しない


 マスクをしていても、飛沫感染は眼球から起こりえます。

口からの感染は減らせますし、喉の湿度が維持できるため、ある程度の効果は見込めますが、その程度でしかありません

 マスクは、自分がつけるより、咳やくしゃみが出る方に渡した方が効果が見込めます。マスクで滴が飛び散らなければ、飛沫感染を防げるからです。

 医療関係者や体調不良者に行きわたるよう、買占めは我慢した方が安全につながると考えられます。自分が感染しないためにも、買占めは止めましょう



 マスクを手に入れても、使い方を誤ったり、マスクに安心して他にできる対策を怠ると、かえって危険です。

 マスクを購入したら、説明書の一読をお勧めします。裏表を間違えると隙間が出来て効果は減退します。

 使用中、使用後のマスクはフィルターを触ってはいけません。手にウイルスがついて、自分や他人に感染する可能性があります。触ってしまったら必ず手を洗いましょう。



 また、マスクがないからと言って、薬局やスーパーを捜し歩いたり、並んだりすると、人混みのせいで感染リスクが高まります



 マスクが無いなら、手作りするか、他の対策を徹底しましょう。並ぶよりそちらの方が安全である可能性が高いです。


 マスクがない時、咳やくしゃみは手で塞がず、ティッシュや袖、肘などを当てましょう。万一手で塞いでしまったら、可能な限り早く手を洗いましょう。



マスクの取扱方法

https://virus-eisai.com/mask/

https://www.jichi.ac.jp/center/sinryoka/kansen/taisaku_04.html






4.感染が疑われる場合、病院に行く前に窓口へ電話を


 現在、新型コロナウイルスの特効薬は無く、感染を判断する検査キットは限られています。病院に人が殺到すると、症状が重い患者が見落とされ、助からない命が増えてしまいます。

 また、感染者が待合室で咳をすると、そこで感染が拡大します

 感染が疑われた場合、専門窓口に電話し、判断を仰ぎましょう。



相談を受ける基準は、以下の通りです。


・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

    ・強いだるさ(倦怠感(けんたいかん))や息苦しさ(呼吸困難)がある場合 高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

    ・風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続く場合 ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合

(首相官邸ホームページから引用)



詳細は首相官邸の対策ページをご覧ください。

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html






5.差別やいじめに加担しない


 咳をした方や持病を持つ方が「コロナがうつる」と心無い言葉を吐きかけれたと言う報道がされています。

 こういった行動は社会的な不安を助長し、助け合いを妨害することになり、対策の足かせになってウイルスの危険を増大させます

 咳をしている人がどうしても不安なら、速やかにその場を立ち去りましょう。

 口喧嘩をすると唾液が飛び、余計に感染します

 新型コロナウイルスで差別やいじめ、不当解雇等を受けた場合、法務省が相談窓口を設けていますので、こちらに電話をかけてみましょう。

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken02_00022.html



 ウイルスの感染は、常識的な対策を取るだけで、かなり防げると考えられています。冷静な対応で、難局を乗り越えましょう。






下記対策は、あくまで現時点で有効だと「言われている」ものをまとめたものです。状況は推移しますので、首相官邸や厚生労働省の対策ページを定期的に確認しましょう。


首相官邸ホームぺージ
https://www.kantei.go.jp/


厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/index.html


国立感染症研究所

https://www.niid.go.jp/niid/ja/






まとめ

1.基本的な風邪対策を徹底して行う

2.人混みや密閉した空間は避ける

3.マスクを絶対視しない

4.感染が疑われる場合、病院に行く前に窓口へ電話を

5.差別やいじめに加担しない

ページトップへ