黒にんにくの健康情報

パワフルペーストドットコムは、日本の未来をお届けします

●日本は駄目になってはいません

 テレビをつけると、ネガティブなニュースばかりで嫌になりますね。
 失われた30年。政治の腐敗。モラルの低下や教育の崩壊、リストラに子供の貧困に虐待などなど。


 日本はすっかり駄目になってしまった。そうお嘆きの皆様も多いのではないでしょうか?


 でも、そんな事はありません!


 今うまくいっていないのは、時代が変わって今までうまくいっていたやり方が通用しなくなった、ただそれだけに過ぎないのです。
 今苦しいこの時に、新しい勝ちパターンを考え出せれば、また日本は復活します。


 ではどうすれば良いでしょうか?
 例えば、不景気。
 経済が悪いのは、物が売れないと言う事もありますが、お金を持った大企業がお金を溜め込んで、使っていないからです。
 従業員の給料や研究開発に回していないせいで、お金が世の中に出てこない。おかげで経済の悪化に拍車をかけていると言う批判が出ています。
 しかし、大企業は組織が大きいせいで、失敗した時のリスクが大きく、守りに入ってしまっているのです。



●6次産業を日本復活の起爆剤に

 そこで、「6次産業」なのです。
 6次産業は、農業漁業と言った一次産業と、それらを製品にする2次産業、販売する3次産業を、全て自分で行う新しい形態を言います。


 現在、私たちが手にする野菜の価格は、人件費が含まれていない事が多いです。つまり、良い野菜を作っても時給は0円と言うことですね。
 スーパー等の小売業が飽和状態で過剰な価格競争が起こり、生産者が苦しんでいるのです。
 そのせいで生活できなくなって離農する農家が増え、食料自給率が減ります。そのせいで、今まで自分で作っていた物でも外国から輸入しないといけなくなり、国内で回せるお金が海外へ流れ出るのです。
 貿易は政治や外交と関わる為、生産国が「売らない」と言えば買うことが出来ません。70年代に起こったオイルショックが、今度は食料で起こる可能性もあるのです。
 安ければいいと、大手スーパーの安価な食物に慣れてしまうと、将来農家がいなくなって、もっともっと高い野菜を買わないといけなくなるかも知れません。





 しかし、農業復活の動きはあちこちで起こっています
 若者の農業就業はすこしずつ増加しています。
 2017年調査では、家を継いで農業に従事する人口は減ったものの、新規に農地経営に参入した人口は2710人と10年前の3倍以上です。
 今がチャンスなのです!
 また、ネット販売などで「○○さんが作ったキャベツ」と生産者の顔が見える販売も進んでいます。
 食の安全が議論される中、誰がどの様に野菜を作っているか知ることが出来るのは安心に繋がりますね。
 安いからと特売の食材や大手ネットショップで買うだけでなく、たまには農家直売の美味しい野菜を味わうのは、日本経済にも良い事なのです。
 大手サイトは店舗開設料や利用料が必要な為、その分が価格に反映されます。農家と直接やり取りした方がお得かも知れません。


 最近では、生産者と消費者を繋げる情報サイトもあります。
 現在、新型コロナウイルスで、行き場を失った新鮮な野菜が特別価格で売り出されています。

たべチョク
https://www.tabechoku.com/ 



 にんにくは、調味料や栄養源として、欠くことが出来ない食材であるにも関わらず、中国からの輸入に頼っているのが現状です。
 広い農地で大量に種をまく中国のにんにくと価格で戦うには難しいですが、手間暇をかけて黒にんにくに加工することで、付加価値を付ける事ができるのです。


 そう、6次産業です!
 6次産業を担うのは、中小企業が主体です。気候の変化によって収穫量が変化する農業は、現時点において大企業より、小回りが利く中小企業が向いています。
 大企業の製品を買う事で、死蔵されてしまうお金も、6次産業に流れれば、農家の収入が上がり、今まで切り詰めた生活をしていた農家の方々がお金を使うようになります。
 つまり、経済が上向きます


 現在、農家は兼業や離農が多く、生活できないからと家を継がずに都会へ働きに出る若者が多いのです。
 6次産業で農家が元気になれば、離農して都会へ流れる働き手が少なくなり、奪い合いが減って、都市部で仕事が増えます


 昨年の台風で、千葉では離農する方が多くいます。
 このまま離農が進めば、国内はますます仕事が無くなります。
 逆に、農業が復活を遂げ、若者が農家の門戸を叩けば、雇用が増え、消費も増え、日本復活の一助となります。おまけに魅力的で美味しい商品が、日本中から生まれる事でしょう。



●黒にんにくと日本の未来を買ってみませんか?

 パワフルペーストドットコムは、使われなくなった千葉県の農地を利用して、にんにくの生産に踏み切りました。

当店のにんにく畑

 黒にんにくを売って「はい、おしまい」ではありません。輸入品と戦える強い農家を作れれば、多くの人を幸せにできると考えたからです。
 何故かと言うと、ただお金を貰うより、その方が面白いからです。
 どうでしょうか? 何だかわくわくしませんか?


 不景気をお嘆きの皆様、今この瞬間安いからではなく、6次産業へ投資して、日本の未来を買ってみませんか?


 勿論、損はさせません。
 栄養満点の黒にんにくは、日本だけではなく、貴方も元気にしてくれるでしょう。

今すぐ栄養ドリンクを止めて、黒にんにくに切り替える3つの理由

●栄養ドリンクはあくまで緊急用です

 テレビをつければ、「疲れているけど休めない貴方に」「肉体疲労時にはこれ」と言った宣伝文句と共に、栄養ドリンクを飲み干し、「まだまだ頑張るぞ!」と猛然と働きだす。そんなCMが溢れています。



 漫画やドラマなどでも、プログラマーやクリエイターが栄養ドリンクをごくりとやり、「さああとひと踏ん張り!」と仕事に戻るシーンはおなじみですね。


 貴方もそれに影響されて、無理な飲み方をしていませんか?
 栄養ドリンクは、緊急事態等に他に手段がない時に仕方なく飲む物です。


 ただ「疲れた時に飲む」と言って常用すると、健康どころか、かえって疲れを感じたり、下手をすると生活習慣病にかかる恐れがあります。



●理由1:そもそも効くか分かっていない

 よく栄養ドリンクのパッケージに「タウリン○○gの力で~」などと書いてありますね。
 タウリンはアミノ酸と呼ばれる栄養素の一種で、栄養ドリンクの多くが、「元気の素」だと宣伝しています。
 ところが、厚生労働省のホームページには「肝臓に効く」とは書いてありますが、「疲労回復に良い」とは書いていません


https://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/1803/02.html 


 何故なら、タウリンが疲労回復に効くかどうかは、未だに実証されておらず「多分効くだろう」程度の推測でしかありません。 


 高級なドリンクは、漢方薬が配合されているのでこの限りではありませんが、そういったものは当然高価で、1本1000円以上の物もあり、ドラマやCMの様に「疲れた時に1本」と言う飲み方ができる方はまれでしょう。


 では、我々はなぜ栄養ドリンクを飲むと頭がすっきりするのでしょうか? それは「糖質」と「カフェイン」「アルコール」の影響です。





●理由2:日常的に飲むと生活習慣病の原因となります

 「疲れた時には甘いものを」と言うのは昔から言われます。頭を使うと大量のブドウ糖が消費され、ブドウ糖の不足は疲労感を感じさせるからです。
 栄養ドリンクの糖質は、ブドウ糖を大量に補給し、疲労感を和らげる効果は確かにあります。


 しかし、ブドウ糖は生きてゆく為に必要ですが、とりすぎると依存症になり、どんどん甘いものが欲しくなって糖尿や肥満などの生活習慣病を引き起こします。
 また、ブドウ糖のとりすぎは血糖値が急速に変動することになり、かえって疲労感を助長します。
 一部の栄養ドリンクは19g近い糖質が入っています。これは角砂糖6個分にもおよび、血糖値は急激に上昇します。体がそれを抑えようとしてインスリンを大量分泌し、ブドウ糖を補給したはずが低血糖で疲れてしまうのです。


 成人女性が1日に摂取できる糖質は270g、成年男性が330gだと言われていますので、一般に言われるように、これだけで健康を壊す訳ではありません
 しかし、他に甘いものを頻繁に取っていたり、疲れを感じる度に飲んでいると、生活習慣病のリスクは高まります。
 例え糖質に気を付けていて大丈夫だとしても、栄養ドリンクの分だけ、他に食べる美味しいものを我慢しなければなりません。栄養ドリンク1杯を飲むことと引き換えに、ミニサイズのアイスクリーム1個を楽しむ機会が奪われるのです。


 では無糖なら良いでしょうか?
 確かに、無糖飲料に含まれる人口甘味料は、体外に排出されやすく、血糖値の上昇が控えめと言われています。しかし、それは栄養分として補給されない為、緊急用には役に立たないということです。
 尚、ビタミンには即効性はありません

 カフェインやアルコールは覚醒作用を持つので、疲労感が緩和されますが、疲労「感」は消えても、疲労そのものは解消されません。一時的にごまかされるだけです。
 急場を凌いだ後にちゃんと休息を取らなければ、心身共にどんどん疲弊してゆきます。栄養ドリンクは、体力の前借りに過ぎないのです。

 それなら、栄養ドリンクにこだわるより、別の方法を試してみませんか?





●理由3:実はコスパは黒にんにくの方が良い

 栄養ドリンクの価格は安いもので1本100円前後、高いもので2000円と言うものもあります。
 しかし、パワフルペーストドットコムの黒にんにくは1片50円ちょっとです。
 ペーストも1包108円程度と高いものではありません。
 皮茶に至っては、1杯当たり約15.5円
 糖質は1片当たりにたった1.5g程度。添加物は入っておりません。


 しかも、効果に疑問の余地があるタウリンに比べ、にんにくの疲労回復効果は古代から薬として使い続けられるほどに実証されており、黒にんにくに含まれるSアリスシステインも各国の研究機関が健康に有益と言う論文を発表しています。

 Sアリルシステインが胃腸から吸収されるのは30分程度ですので即効性もあると考えられます
 確かに、研究は始まったばかりで、栄養ドリンクのアミノ酸と比べて、即効性がどれだけあるか? という点ではまだまだ議論の余地があります。
 しかし、確実に体に良いと保証された食物など存在しません。どの道分からないなら、ローリスクで価格の安い黒にんにくを試してみませんか?

「Sアリルシステイン 論文」の検索結果
https://www.google.com/search?q=%EF%BC%B3%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3+%E8%AB%96%E6%96%87&oq=%EF%BC%B3%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%80%80%E8%AB%96%E6%96%87&aqs=chrome..69i57.7896j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8 

黒にんにくは安い!

 表にしてみると、そのコスパは一目瞭然。
 パワフルペーストは糖質10分の1で同程度の価格。
 黒にんにくは半額以下で毎日お試しいただけます。
 皮茶に至っては7分の1~14分の1程度の価格です。糖質量は現時点で調査中ですが、一般的に野菜の皮が占める炭水化物の量は少ないので(1パーセント以下)、かなり微量であると考えられます。

 では、浮いた分の糖質で、たまの楽しみがどれだけ増えるかと言うと、下記の表をご覧ください。



 栄養ドリンクを常用すれば、これだけの美味しいものを我慢しなければならないのです。

 騙されたと思って、一度栄養ドリンクを黒にんにくに切り替えてみては如何でしょうか?
 そうすれば、浮いたお金とカットした糖質で、美味しいものが余計に食べられます

 もし「騙された!」と思っても、高いお金を取られるわけではありません。その時はまた栄養ドリンクに戻せば良いのです。

パワフルペーストドットコムはなぜ黒にんにくを販売するのか?

●「CSR」ってご存じですか?

CSR=企業の社会的責任」という言葉が、ひと昔前流行しました。


いろんな企業が「CSRです」と言って環境保護や教育にお金を出したりしていたので、「CSR=企業が行う慈善事業」だと勘違いされているようです。


「うちの会社はお金がないから、CSRなんてできないよ」とおっしゃる中小企業の方もおられます。


でも、CSRというのは、そんなにものすごい事じゃないんです。



●みんなで幸せになるのがCSRの目的

CSRというのは「どうせお金儲けをするなら、皆が幸せになるやり方でやろうよ」と言う考え方の事です。


だから、良い商品を売って、お客様に喜んで頂くのもCSR、従業員の給料や休みを充実させて元気になってもらうのもCSR、万一間違いや失敗をしてしまっても、ちゃんと謝罪して改善策をしっかり取るのも立派なCSRなのです。


最近、CSRを一歩進めて、「CSV=共通価値の創造」と言う考え方が生まれました。


「また難しい横文字が出てきたぞ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、これもとっても簡単な事なんです。


CSVは「世の中がもっともっと良くなるようなビジネスをしようよ」と言う考えです。


例えば、難病を治す薬を開発したり、交通が不便な町で移動販売を行ったり、食糧難の時代に新たな食材を考えたり。事故が起こりにくい車の製造や、ロスする食材や原料を減らして資源を大事にする。環境を傷つけないエネルギーの開発などなど。


「いろんな人が困っていることを解決して、お金を儲けよう」というのがCSVです。


お客さんは困っていることが解決して嬉しい。それ以外の人も世の中が良くなって嬉しい。そして、企業はお金をもらえて嬉しい。そんな幸せの循環がCSVなのです。



●パワフルペーストドットコムのやりたいことは「6次産業」で日本を元気にすること!

黒にんにくが含むSアリルシステインは、疲労回復、抗がん作用、アンチエイジングと現代人の悩みを和らげ、食べる人だけでなく、世の中を元気にしてくれる可能性を秘めています。


それだけではありません。パワフルペーストドットコムは、千葉県各地で自社栽培した国産にんにくを加工し販売する、「6次産業」を行っています。

千葉農場の風景
当店のにんにく畑


2019年に日本を襲った2つの台風は、千葉県の農家に大きな被害をもたらしました。現地では、「もう続けられない」と離農する農家が増えています。


農家や畜産、漁業と言った1次産業は、大勢の人の命に係わる大事なお仕事です。しかし、休みが少なく重労働である事や、天候や獣害などによって収入が左右される不安定さから「ブラックな仕事」とされ敬遠されてきました。


このせいで、若者が次々と大都市圏に向かい、地方が活気を失っています。


一方で、畑を借りて農作業を体験する「農活」と言う言葉が流行し、農業に興味を持つ若者も増えていると報道されています。


農家の経験と若い力を生かし、日本の農家を元気にするには、食材を作る1次産業、食材を製品に調理する2次産業、それを販売する3次産業を兼ね備えた6次産業を行うべきだ。そう言った試みが各地で行われています。

1次×2次×3次=6次産業

千葉で作った黒にんにくが売れれば、地方に仕事やお金が生まれる。人もいっぱい雇えて、農家の労働環境が良くなる


雇用が増えれば、経済が回って日本が元気になる


黒にんにくを買っていただいた方は、日々の疲れが緩和され、元気に長生きできる


6次産業が儲かれば、食料自給率も上がり、地方の美味しい食べ物やサービスがもっと身近になる
そして、日本を元気にすることで、お店も儲かったら言うことなし!


ビジネスは楽しく、そして皆が幸せにならなければやる意味がない
それが、パワフルペーストドットコムのモットーなのです。

黒にんにくが、免疫力を強化してウイルスと戦ってくれる3つの理由

●マスクをしても安全とは限らない

近年、ウイルスが流行するたびに、マスクの買占めがニュースになります。


実は、「マスクをすれば安全」と言う考えは間違いで、空気中に飛散したウイルスは眼球から感染します

マスクだけでは安全ではありません!

また、マスクのフィルター部分を触ってしまうと、付着したウイルスが手に付くので、手洗いを忘れると、かえってウイルスが感染しやすい状況を作りかねません


マスクを絶対視するのは止めて、手洗いうがい、健康的な食生活による免疫力の向上を心がけましょう。


免疫力は「体に入り込んだ悪いもの」をやっつける力を言います。同じウイルスが入り込んでも、免疫力が良好なら気づかないまま体から撃退されてしまいますが、免疫力が落ちていると、発病したり重篤化する事があります。


でも、一口に免疫力が上がる方法と言うのはどんなものでしょうか?


基本は炭水化物、タンパク質、食物繊維をバランスよく摂取し、適度な休息と運動を行うことですが、急に生活環境を一新するのは大変です。そんな方は、黒にんにくをまず試してみては如何でしょうか?


黒にんにくの栄養素は免疫力を向上させるものが多く、ウイルスに負けない体づくりを助けてくれます。



●理由1:Sアリスシステイン

黒にんにくの特徴的な成分がSアリルシステインです。これは、植物に含まれるポリフェノールの一種で、人体に吸収されると2つの効果が起こります。


1つ目は「ナチュラルキラー(NK)細胞の活性化」です。NK細胞は、体の免疫を担当し、ウイルスやがん細胞を撃退する細胞です。


2つ目は「抗酸化作用」。活性酸素は、体の免疫機能を維持してくれる大事な要素ですが、増えすぎると健康な細胞まで妨害してしまい、かえって害をもたらします。Sアリルシステインは、細胞の更新を促進し、免疫力を維持します。



●理由2:アルギニン

アルギニンは生命の源アミノ酸の一種で、細胞を活性化させる機能があります。新陳代謝を促す成長ホルモンを分泌させる効果もあります。どちらの効果も、免疫力に関わる重要なものです。


人の体内でも作ることが可能ですが、ごく少量に限られるため、足りない分は食物から摂取するしかありません。最もアルギニンが含まれるのはゼラチンですが、黒にんにくはその数倍のアルギニンが含まれます。



●理由3:疲労回復効果

黒にんにくに含まれる、Sアリルシステインやアルニギンをはじめとしたアミノ酸やポリフェノールのいくつかは、疲労回復効果を持ちます。


体の疲労は、NK細胞をはじめとした体の防衛機能と深く関わっている事がわかっています。軽い運動などの適度なストレスは体の免疫機能を活性化しますが、過度の疲労はNK細胞の活動を抑制し、抵抗力を弱めます。


近年の研究で、「体を酷使するスポーツ選手は体調を壊しやすい」と言う統計も発表されています。


どんなに食事に気を付けていても、ずっと疲れている状態では免疫力は抑制されます


黒にんにくは、活性酸素による疲労を緩和し、代謝を上げて疲れを感じる物質を体外に排出します。



黒にんにくは、特別なことはしなくても、毎日続けて食べるだけで、ウイルスと戦う貴方を応援してくれます。


まずは黒にんにくと休息で体の疲れを癒し、ウイルスや菌に備えましょう。

10,800円以上お買い上げで送料無料

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ご注文の受付、メールによるお問い合わせは、24時間受け付けておりますが、営業時間外のご注文・お問い合わせへのご対応は翌営業日からとなります。あらかじめご了承くださいますよう、お願い申し上げます。営業時間(10:00~15:00)

QR

ページトップへ