黒にんにくの健康情報

パワフルペーストドットコムはなぜ黒にんにくを販売するのか?

●「CSR」ってご存じですか?

CSR=企業の社会的責任」という言葉が、ひと昔前流行しました。


いろんな企業が「CSRです」と言って環境保護や教育にお金を出したりしていたので、「CSR=企業が行う慈善事業」だと勘違いされているようです。


「うちの会社はお金がないから、CSRなんてできないよ」とおっしゃる中小企業の方もおられます。


でも、CSRというのは、そんなにものすごい事じゃないんです。



●みんなで幸せになるのがCSRの目的

CSRというのは「どうせお金儲けをするなら、皆が幸せになるやり方でやろうよ」と言う考え方の事です。


だから、良い商品を売って、お客様に喜んで頂くのもCSR、従業員の給料や休みを充実させて元気になってもらうのもCSR、万一間違いや失敗をしてしまっても、ちゃんと謝罪して改善策をしっかり取るのも立派なCSRなのです。


最近、CSRを一歩進めて、「CSV=共通価値の創造」と言う考え方が生まれました。


「また難しい横文字が出てきたぞ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、これもとっても簡単な事なんです。


CSVは「世の中がもっともっと良くなるようなビジネスをしようよ」と言う考えです。


例えば、難病を治す薬を開発したり、交通が不便な町で移動販売を行ったり、食糧難の時代に新たな食材を考えたり。事故が起こりにくい車の製造や、ロスする食材や原料を減らして資源を大事にする。環境を傷つけないエネルギーの開発などなど。


「いろんな人が困っていることを解決して、お金を儲けよう」というのがCSVです。


お客さんは困っていることが解決して嬉しい。それ以外の人も世の中が良くなって嬉しい。そして、企業はお金をもらえて嬉しい。そんな幸せの循環がCSVなのです。



●パワフルペーストドットコムのやりたいことは「6次産業」で日本を元気にすること!

黒にんにくが含むSアリルシステインは、疲労回復、抗がん作用、アンチエイジングと現代人の悩みを和らげ、食べる人だけでなく、世の中を元気にしてくれる可能性を秘めています。


それだけではありません。パワフルペーストドットコムは、沖縄県国頭村や千葉県各地で自社栽培した国産にんにくを加工し販売する、「6次産業」を行っています。

沖縄県国頭村のにんにく畑
沖縄県国頭村のにんにく畑


2019年に日本を襲った2つの台風は、千葉県の農家に大きな被害をもたらしました。現地では、「もう続けられない」と離農する農家が増えています。


農家や畜産、漁業と言った1次産業は、大勢の人の命に係わる大事なお仕事です。しかし、休みが少なく重労働である事や、天候や獣害などによって収入が左右される不安定さから「ブラックな仕事」とされ敬遠されてきました。


このせいで、若者が次々と大都市圏に向かい、地方が活気を失っています。


一方で、畑を借りて農作業を体験する「農活」と言う言葉が流行し、農業に興味を持つ若者も増えていると報道されています。


農家の経験と若い力を生かし、日本の農家を元気にするには、食材を作る1次産業、食材を製品に調理する2次産業、それを販売する3次産業を兼ね備えた6次産業を行うべきだ。そう言った試みが各地で行われています。

1次×2次×3次=6次産業

沖縄や千葉で作った黒にんにくが売れれば、地方に仕事やお金が生まれる。人もいっぱい雇えて、農家の労働環境が良くなる


雇用が増えれば、経済が回って日本が元気になる


黒にんにくを買っていただいた方は、日々の疲れが緩和され、元気に長生きできる


6次産業が儲かれば、食料自給率も上がり、地方の美味しい食べ物やサービスがもっと身近になる
そして、日本を元気にすることで、お店も儲かったら言うことなし!


ビジネスは楽しく、そして皆が幸せにならなければやる意味がない
それが、パワフルペーストドットコムのモットーなのです。

コメントする

名前

URL

コメント

10,800円以上お買い上げで送料無料

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ご注文の受付、メールによるお問い合わせは、24時間受け付けておりますが、営業時間外のご注文・お問い合わせへのご対応は翌営業日からとなります。あらかじめご了承くださいますよう、お願い申し上げます。営業時間(10:00~15:00)

商品カテゴリ

店長日記

店長日記では、黒にんにくを使用したレシピなどを、色々な食材で試してゆきます。
店長日記はこちら >>

沖縄県国頭村
QR

ページトップへ