新型コロナウイルス予防情報

初心者でも簡単! タオルハンカチを利用した自作マスクの作り方

 皆様、外出自粛でストレスの溜まる日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?



 相変わらずマスク不足が続いていますが、マスク購入のための外出はかえって危ないので控えましょう。



 政府のコロナ対策で各世帯2枚のマスクが配られています。再利用可能な布マスクです。これを活用する事によって、マスクの生産を医療用マスクに切り替えることが可能です。



布マスクが各世帯に行き渡ったことで、売り渋っていた業者や転売者が在庫を吐き出していると言う情報もあります。裏付けの取れた情報ではありませんが、「マスク 値崩れ」で検索すると、写真付きの情報がいっぱい出てきます。






 今感染リスクを冒してマスクを探し回るより、布マスクや自作マスクで凌ぎましょう。その方が安全です

 と言うわけで、早速自作マスクを作ってみました。


自作マスク


 今回はタオルハンカチを使用しています。100円ショップで購入可能な一般的な物です。

 本来はガーゼ布が最適なのですが、こちらも品薄なので、タオルで代用しました。



 ただし、ご高齢の方や喘息等の持病がある方が使用すると少々息苦しい可能性があります。そう言った方は優先的に政府配布の布マスクを使用しましょう。



ちなみに、私は中学以来裁縫をやっていない無精者ですが、それでも自作マスクは簡単に作る事が出来ます



 今回作ったマスクは、中にフィルター代わりにキッチンペーパーが入る様になっています。



 キッチンペーパーは放置すると菌の温床になるので、1度使用したら必ず取り換えましょう(勿論マスク本体も洗いましょう)



●材料


・一辺20~25cmサイズのタオルハンカチ(無ければタオルを切り取る)

・ゴム紐(マスク専用のゴムでなくても、手芸用のゴム紐などで代用できます)

・針と糸

・安全ピン

針と糸、安全ピンはコンビニで売っているソーイングセットに全て入っています(500円~800円程度)



フィット感は十分にあるので、ワイヤー(鼻に当てる部分)は使用していません。使いたい方は改造してみて下さい。






●手順


1.マスクを水につける

 マスクで使用している布は洗うと縮むので、そのままマスクにしてしまうと洗った時歪む可能性があります。

その為「水通し」と言う作業を行い、縫う前に縮めてしまいます。

 洗面器に水をはってタオルを浸し、30分放置します。

 あとは乾かすだけ。




2.マスクに折り目をつける。

まず、マスクを半分に折りたたみます。

タオルを半分に折りたたみます


 続いて、両端を折りたたみ、ゴムを通す穴を作ります。

 マスクの横幅はここで決まります。最低2cm程度は欲しいですが、顔に当ててみて大きすぎる場合は、ここで調節して下さい。

 曲げた部分は、安全ピンやマチ針で固定しましょう。







2.アイロンで折り目を付ける。

 やった方がきれいになり、作業もやりやすくなりますが、アイロンが無かったり、使えれば見た目は気にしない方は省略可です。






3.両端を縫う。

 ゴムを通す穴を縫います。二つ折りにした部分はキッチンペーパーを挟むので、縫う必要はありません。

 針と糸の使い方は、下記サイトに写真付きで詳しく載っています。


https://book.nunocoto-fabric.com/2181


 また、YouTube等で、解説動画等の公開されています。



例えば、こちら等。


https://book.nunocoto-fabric.com/2181


 縫い方ですが、外れやすくなるので一番簡単な波縫いは避けましょう。多少面倒でも、丈夫な半返し縫いか、本返し縫いを使用してください(やり方は上記のリンクを参照ください)。


両端を縫います


 縫い目の両端は、特に外れやすいので、繰り返し縫い付けて強度を強くしましょう



 失敗! 不格好になってしまいましたが、見た目はこれでも縫い方に手を抜かなければちゃんと実用に耐えます



 ここで面倒なのが玉どめです。

 タオルの記事は凹凸があるので、どうにもやりにくく、縫い目にピタリととめるのが大変です。

 もし失敗したら、糸を一度切って固結びで結んでしまいましょう。ちょっと細かい作業ですが、これだと糸が余らずにきれいにとめる事ができます。必ず2回以上結びましょう。

 私はこれを強行しましたが、何度洗濯してもマスクはほつれていません。

 何回か失敗して慣れれば、玉とめも簡単にできるようになります。



4.ゴムを通す


 ゴムを切ります。


ゴムを切ります


 ゴムの長さは参考ページによると、

・大人用27cm

・子供用24cm

を目途にすると良いようです。



参考ページ

https://handmadetoshokan.com/%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%AE%E4%BD%9C%E3%82%8A%E6%96%B9_%E7%84%A1%E6%96%99%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94/



 ゴムをマスクに通す為に、片側を安全ピンで留めて下さい。ゴムを通す専用の器具があればそちらを使用してください。


ゴムをピンで留めます


 安全ピンを先にして、マスクの穴に押し込みます。


穴にゴムを通します


 反対側からゴムが出たら、安全ピンを外して結び目を作ります。

 耳にかけてみて、サイズを調節してください。



 結び目が気になるなら、ゴムをずらしてマスクの穴の中に押し込んでしまいましょう。




4.キッチンペーパーを挟む

 キッチンペーパーを適当な大きさに切り、マスクのポケットに入れます。

 あまり大きく切りすぎると、息を吸って膨らんだキッチンペーパーがはみ出しますので、気持ち小さめが良いでしょう。


キッチンペーパーを切ります


 キッチンペーパーが無い方は、ティッシュで代用してください。ゴムの切れたマスクのフィルター部分を流用しても良いでしょう。



 完成です。

 付け心地はかなり快適で、市販のマスクよりフィットするくらいですが、布地が厚いため、多少強く息をする必要があります。気にならない人は気にならないかもですが

 私も特に気にせず愛用してます。


 あまり思い詰めて「マスクが無いと!」とストレスを溜めるより、ちょっと息抜きのつもりで、お裁縫に挑戦してみては如何でしょうか?

コメントする

名前

URL

コメント

ページトップへ