黒にんにくの健康情報

パワフルペーストドットコムは、日本の未来をお届けします

●日本は駄目になってはいません

 テレビをつけると、ネガティブなニュースばかりで嫌になりますね。
 失われた30年。政治の腐敗。モラルの低下や教育の崩壊、リストラに子供の貧困に虐待などなど。


 日本はすっかり駄目になってしまった。そうお嘆きの皆様も多いのではないでしょうか?


 でも、そんな事はありません!


 今うまくいっていないのは、時代が変わって今までうまくいっていたやり方が通用しなくなった、ただそれだけに過ぎないのです。
 今苦しいこの時に、新しい勝ちパターンを考え出せれば、また日本は復活します。


 ではどうすれば良いでしょうか?
 例えば、不景気。
 経済が悪いのは、物が売れないと言う事もありますが、お金を持った大企業がお金を溜め込んで、使っていないからです。
 従業員の給料や研究開発に回していないせいで、お金が世の中に出てこない。おかげで経済の悪化に拍車をかけていると言う批判が出ています。
 しかし、大企業は組織が大きいせいで、失敗した時のリスクが大きく、守りに入ってしまっているのです。



●6次産業を日本復活の起爆剤に

 そこで、「6次産業」なのです。
 6次産業は、農業漁業と言った一次産業と、それらを製品にする2次産業、販売する3次産業を、全て自分で行う新しい形態を言います。


 現在、私たちが手にする野菜の価格は、人件費が含まれていない事が多いです。つまり、良い野菜を作っても時給は0円と言うことですね。
 スーパー等の小売業が飽和状態で過剰な価格競争が起こり、生産者が苦しんでいるのです。
 そのせいで生活できなくなって離農する農家が増え、食料自給率が減ります。そのせいで、今まで自分で作っていた物でも外国から輸入しないといけなくなり、国内で回せるお金が海外へ流れ出るのです。
 貿易は政治や外交と関わる為、生産国が「売らない」と言えば買うことが出来ません。70年代に起こったオイルショックが、今度は食料で起こる可能性もあるのです。
 安ければいいと、大手スーパーの安価な食物に慣れてしまうと、将来農家がいなくなって、もっともっと高い野菜を買わないといけなくなるかも知れません。





 しかし、農業復活の動きはあちこちで起こっています
 若者の農業就業はすこしずつ増加しています。
 2017年調査では、家を継いで農業に従事する人口は減ったものの、新規に農地経営に参入した人口は2710人と10年前の3倍以上です。
 今がチャンスなのです!
 また、ネット販売などで「○○さんが作ったキャベツ」と生産者の顔が見える販売も進んでいます。
 食の安全が議論される中、誰がどの様に野菜を作っているか知ることが出来るのは安心に繋がりますね。
 安いからと特売の食材や大手ネットショップで買うだけでなく、たまには農家直売の美味しい野菜を味わうのは、日本経済にも良い事なのです。
 大手サイトは店舗開設料や利用料が必要な為、その分が価格に反映されます。農家と直接やり取りした方がお得かも知れません。


 最近では、生産者と消費者を繋げる情報サイトもあります。
 現在、新型コロナウイルスで、行き場を失った新鮮な野菜が特別価格で売り出されています。

たべチョク
https://www.tabechoku.com/ 



 にんにくは、調味料や栄養源として、欠くことが出来ない食材であるにも関わらず、中国からの輸入に頼っているのが現状です。
 広い農地で大量に種をまく中国のにんにくと価格で戦うには難しいですが、手間暇をかけて黒にんにくに加工することで、付加価値を付ける事ができるのです。


 そう、6次産業です!
 6次産業を担うのは、中小企業が主体です。気候の変化によって収穫量が変化する農業は、現時点において大企業より、小回りが利く中小企業が向いています。
 大企業の製品を買う事で、死蔵されてしまうお金も、6次産業に流れれば、農家の収入が上がり、今まで切り詰めた生活をしていた農家の方々がお金を使うようになります。
 つまり、経済が上向きます


 現在、農家は兼業や離農が多く、生活できないからと家を継がずに都会へ働きに出る若者が多いのです。
 6次産業で農家が元気になれば、離農して都会へ流れる働き手が少なくなり、奪い合いが減って、都市部で仕事が増えます


 昨年の台風で、千葉では離農する方が多くいます。
 このまま離農が進めば、国内はますます仕事が無くなります。
 逆に、農業が復活を遂げ、若者が農家の門戸を叩けば、雇用が増え、消費も増え、日本復活の一助となります。おまけに魅力的で美味しい商品が、日本中から生まれる事でしょう。



●黒にんにくと日本の未来を買ってみませんか?

 パワフルペーストドットコムは、使われなくなった千葉県の農地を利用して、にんにくの生産に踏み切りました。

当店のにんにく畑

 黒にんにくを売って「はい、おしまい」ではありません。輸入品と戦える強い農家を作れれば、多くの人を幸せにできると考えたからです。
 何故かと言うと、ただお金を貰うより、その方が面白いからです。
 どうでしょうか? 何だかわくわくしませんか?


 不景気をお嘆きの皆様、今この瞬間安いからではなく、6次産業へ投資して、日本の未来を買ってみませんか?


 勿論、損はさせません。
 栄養満点の黒にんにくは、日本だけではなく、貴方も元気にしてくれるでしょう。

コメントする

名前

URL

コメント

10,800円以上お買い上げで送料無料

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ご注文の受付、メールによるお問い合わせは、24時間受け付けておりますが、営業時間外のご注文・お問い合わせへのご対応は翌営業日からとなります。あらかじめご了承くださいますよう、お願い申し上げます。営業時間(10:00~15:00)

QR

ページトップへ